365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

自由であることの「喜」

2020年9月16日(水)

今日は欲しいお菓子を買うために、朝から新宿へ行きました。

名古屋にある『CAFE TANAKA』さんが新作を引っ提げて伊勢丹で催事出店するというので、新作クッキー目掛けて出かけて行ったのです。

行列するであろうことは想定済み。限定品を確実にゲットするためには、朝開店前から並ぶのはお約束です。

いつもそうしているように、1時間前までには到着し、思惑通り希望のお菓子をゲットしてきました。

その後、ピエール・エルメでマカロンを買い、ヨックモックでフルールフルールのショコラを買い、とらやで羊羹を買い、なんとかという北海道のお店でバターサンドを買い、伊勢丹でのミッションはひとまず終了。

次なるミッションは高島屋で和菓子の調達。ここでは栗のお菓子を幾つかと、茶まんじゅうなどを。

そして、大好きな和惣菜のお店でお弁当を買い、大荷物で帰宅しました。

朝早くに出かけた上、たくさん歩いたのでクタクタです。
買ってきたお弁当を食べたら、途端にまぶたが重くなり、そのままソファーで寝てしまいました。

寝ている間に本日のコロナ感染者数が発表となり、組閣もどんどん進んでいるようでした。それでも私は夕方までグッスリと眠ったのです。

好きなお菓子をなんの制約もなく、好きな時に買いに行くことができて、食べたいものは好きなだけ買って、疲れたら帰宅してグッスリと眠れるというこの自由。

とても幸せだなと思います。
ドラマティックなことは起こらない我が人生ではありますが、自由に好きなことをして過ごせるのですから。

これが過去50数年一生懸命に生きてきたことの答えだとしたら、私はなかなか頑張ったに違いない!

そして自由であることにこの上ない喜びを感じるのでした。。。





ちなみに今日は中国の女優、ファン・ビンビンさんの生まれた日です。

私よりもずっと年若い女性ですが、その美貌は同性であるおばさんでさえもうっとりとさせるほど、尋常ではない美しさなのです。

ファン・ビンビンさんの写真をネットなどで見るたびに、神様はよくぞこのような人間を作ったものよ。そう思わずにはいられません。
何時間見ていても飽きないその美しい姿に、私は心の中で呟きます。

「今度生まれ変わってきたときは、ファン・ビンビンの容姿。。。」

もう、この美貌さえあれば、怖いものなしです。私はきっと億万長者に登り詰めることでしょう!

その証拠に、2018年に巨額脱税報道がありました。罰金と追徴課税額がゆうに100億を超えると言いますから、その美しさでどれだけ稼いだの⁉︎
そう突っ込みたくなります。。。

その後、ほとんどお姿をお見かけしませんが、いかがお過ごしなのでしょうか。

現在39歳。10年後、アラフィフとなったファン・ビンビンさんの美がどのように変化しているか?
非常に興味深いですね。