365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

『猫目小僧』グラスの「喜」

2020年9月20日(日)

4連休の日曜日、当然街は混雑が予想され、おまけにあいにくの雨模様。
こんな日は家で過ごすに限りますが、受験生の娘にとっては唯一のお休み。気晴らしにお買い物がしたいと言うので、表参道から渋谷まで雑貨屋さん巡りをしてきました。

新型コロナの脅威は何処に?

というくらいの人、人、人。

表参道も渋谷も多くの人でごった返していました。

密です!
超密です!

もう明日から連休が終わるまでは引きこもろうなどと考えながら、どうせ出てきたのなら、何かしらお買い物をしなくちゃ!と、物色していると、とあるお店で娘が「マミー‼︎ これ!」と声をあげました。

指差す方を見てみると、なんと大好きな梅津和夫先生グッズが!

とても怖い顔をした女の子が「召し上がれ!」と言っているイラスト入りのお皿、『まことちゃん』のメモ用紙、缶バッジなど、数こそ少ないけれど、他では見たことのないシュールなグッズが並んでいました。

その中に、あの『猫目小僧』のグラスを発見したのです!

昭和の懐かしいグッズ。

周りの人たちは、目もくれていませんでしたが、私にとってはこの上ないお宝同然の品です。

そしてなによりそのお値段が、安いときたら買わないわけにはいきません。

今日はキッチングッズや食器、文具など、私も娘と一緒になってお買い物を楽しみましたが、なによりも嬉しかったのが、この『猫目小僧』グラスなのでした。

その帰りに、たっぷりおはぎも買い、頭の中にあった「お彼岸=おはぎ」のモヤモヤも吹き飛びました。





ちなみに今日は麻生太郎議員が生まれた日です。

麻生グループの御曹司であり、祖父は元内閣総理大臣吉田茂氏というおぼっちゃま。

それ故か、毒舌でたびたび炎上していています。感覚が庶民とは一線を画しているのは見ての通りですが、それを微塵も隠そうとはしないところが、またおぼっちゃまだと思わせるところで、怒りよりも笑いが出てしまうのは私だけでしょうか。

葉巻愛好家で白いスーツ、ボルサリーノハットなどを斜めにかぶり、「和製ボギーですか?」といったいで立ち。
こんなお爺ちゃん、あまり見かけませんものね。

これが政治家でなく、毒舌実業家くらいであったら粋なお爺ちゃん!と思われていたでしょうに。

そして、ワイドショーなどでお茶の間コメンテーターとして、『アパホテル』の本谷社長なんかとお帽子対決しながら、言いたい放題しくれていたら面白かったのに!と残念でなりません。

もう80歳というお年ですが、まだまだお元気そうです。
内閣は安倍さんから菅さんに分かりましたが、その後ろにはあのボギーがいることを承知した上で、新内閣に期待したいものです。