365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

愛しのMacBookも我と同じく劣化か。そろそろ世代交代を考える「哀」

2020年12月15日(火)

今日は寒い一日でした。
買い物へ行こうかなと思っていましたが、冷蔵庫のお掃除もかねて、あるもの料理をすることにして外出せずです。

コロナのこともあるので、なるべくは家にいたほうがよさそうですし。。。

昨夜はGOTOトラベル全国一斉停止のニュースが流れるなど、緊急事態宣言は出ないものの、これは「自粛せよ」ということなのかと理解しました。

いつになったら、好きに動き回れるようになるのか。。。先が見えないのがつらいところです。

しばらくは、ステイホームで楽しめることをして過ごすしかありません。

今日は、これを機にブログのリライトや見直しなどしてみてもいいかなとパソコンを開いたりしてみました。





最近はスマホでほとんど事足りるので、以前ほど頻繁にパソコンを使うことがなくなりました。そのせいであまり気にならなかったのですが、どうも近頃パソコンの様子がおかしいことがあります。

機械も消耗品なので、何年も使用していれば、人間同様に劣化もするでしょうし、不具合が出てきて当然です。

私が今使用しているのは、Macのノートパソコンです。
一体いつから使用しているのか?

確か下の子が9歳くらいでした。ということは、もうかれこれ10年経っているということです。

これまで特に問題なく、ウィルスなどに悪戯されることもなく、したい作業はサクサクとできたので、それでいいと思っていましたが、最近はごくごく稀に「あれ?」と思うことがあります。

ほとんどフリーズ知らずだったMacが、動かなくなったり、ネットショッピングなどで、セキュリティの関係か、ソフトが古過ぎて決済できなかったり。。。

なんとなく、使いづらさを感じるようになりました。

その度に、パソコンに詳しい娘に解決してもらっているのですが、いつも「いい加減、新しいの買いなよ」と言われます。

確かに時折不具合は感じるものの、そう頻繁に使用しているわけでもありませんし、まだ使えるので買い替えるのも。。。と、躊躇しているのです。

娘から言わせると「よくこのスペックで作業できるね。。。」と言われるくらい、私のMacはご老体と化しているようですが。

電化製品でもなんでも、動かなくなるまで何十年でも使うというもの持ちのよい私ですが、そろそろこのパソコンも引退する時期なのかもしれません。





買い替えるとしたら、また同じMacのノートパソコンにしようと思いますが、私に必要なのはネットショッピングとブログでの作業くらいです。
ブログといっても、ただ書いて写真や広告を貼り付ける程度のことしかしません。
そんなブログに必要なスペックと考えると、もしかしたらパソコンはいらない?
などとも思えてきます。

先日、iPhone12 proを予約してきたので、そちらの方は現在使用しているものよりもさらにバージョンアップされているはずです。
そうなると、ますますパソコン必要かしら?という思いが強くなります。

とはいえ、実際マイパソコンがないとなると、それはちょっと不安だったりもします。そして、あればあったで邪魔になることはありません。

やっぱり買い替えるべきなのかもしれませんね。。。

コロナ禍で自然と外出することも激減しました。そのせいで支出もグッと減り、いつも遣っていたお小遣いがプールされている状態です。

そんな余裕のあるときこそ、買い替えのチャンスかもしれません。

長年使い続けてきたMacの卒業は寂しいですが、そろそろ引退させてあげることにしましょうか。。。





ちなみに今日は、絵本作家のいわさきちひろさんの生まれた日です。

私が子供の頃、すでにお亡くなりになっていますが、私のような年代の者にとって、この方の描く絵は忘れがたい思い出のあるものです。

本との出会いとは、幼い頃に両親から読み聞かせをしてもらった絵本という方が多いかと思いますが、私も本を読んでもらいながら、この方の描いた表紙の絵を「きれいだな」といつも見ていました。

絵本と言って思い出すストーリーはたくさんありますが、そこにはいつもいわさきちひろさんの絵がありました。

水彩を使ったほわん〜とした優しいタッチにパステル調の色使いは、一目で「いわさきちひろだ!」とわかります。

それは小さな子供にとって、本への入口となるにふさわしい、とても優しい絵なのです。