365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

子供の大学受験にヤキモキもドキドキもしない、お気「楽」な出願日。

2021年1月26日(火)

今朝は珍しく5時過ぎまで眠ることができました。
最近、眠りが浅いせいか、4時前に目覚めてしまうことが続いていて、ちょっと疲れていましたが、今朝はスッキリと目覚めることができ、よい気分です。

昨日は娘が受験する大学の出願書類を作るお手伝いをしていました。
長女の時は全て本人が一人でやってしまったので、2度目とは言え、私は全くわかりません。
お手伝いというよりは、ほとんどそばで見ていただけ?(笑)

今は出願書類を作るのも、すべてネットからダウンロードして印刷。受験料の支払いもクレジットカードでOKと、昭和の時代とはまったく違います。

手間がかからなくなったといえばそうなのでしょうが、アナログの私にとっては、逆に難しく感じます(笑)

とりあえずは、必要事項の記入など、漏れや誤りがないか、ダブルチェックくらいのお手伝いしかできませんでした。





国公立大学は昨日から願書の受付が始まったので、みなさん当日の朝一で郵送してきたそうです。
そのため、予備校を遅刻してきたり、お休みした人がほとんどだったそうです。

「私は帰ってから作って明日出すわ」

と、言ったところ、「初日に出すのが普通だよ!」などと言われたそう。。。

その理由は尋ねても明確な回答がなかったようですが、親子揃って、のんびりしている我が家は、「締め切りに間に合えばいいんじゃない?」と、昨日の夜に書類を作りました。

願書は郵送なので、今朝私がお散歩がてら近所の郵便局に出して、出願完了です。

受験に関しては、娘の希望で本命の大学オンリーの受験です。
合格を頂くのは、宝くじに当たるくらいの確率?などと、家では笑い話になるくらい、浪人覚悟の受験ですが、本人がそうしたいというのなら、仕方がありません。

逆に言えば、それほどまでに行きたいと思える大学があるのは、ラッキーなのでは?と思っています。





教育にもお金はかかります。どうせ投資をするのなら、学ぶ本人が望む道へ投資したいと思うのです。

それが無駄になるか投資となるかはわかりませんが、子供の人生は子供のものであって、私の行く道ではありません。

たとえ親子と言えども、歩く道は違うのですから、どの道を行くかは本人が決めるべきと思っています。

お友達などからは「ドキドキするわね」「結果が出るまで落ち着かないわね」などと言われたりもしますが、全然そんな気持ちにはならないのです。

もちろん、上手くいって欲しいとは思いますが、それは自分がしてきたことの結果であり、運でもあるのです。
それは、私の力が及ばない領域なので、ヤキモキしても仕方がありません。

ただ、どんな結果が出たとしても、それを受け止めて、新しい道を開拓するくらいの強さを持って欲しいと願っています。

試験まであとひと月ほどですが、後悔のないように頑張ってくれればいいです。

私の役目は、しっかりと健康を維持できるように、美味しいご飯を作ることですね。





ちなみに今日は、韓国の歌手で元東方神起のメンバーであったジェジュンさんの生まれた日です。

昨年、韓流ドラマおばさんとしてデビューした私ですが、KPOPまでは手を伸ばしていません(笑)
しかし、世の中には私と同じような年齢のKPOPおばさんが多く存在しているのは知っています。

もう十数年前になるでしょうか、まだジェジュンさんが東方神起のメンバーとして、日本でも活動していた頃のことです。

都心にある、とある韓国レストランでよくランチをしていたのですが、その時たまにお見かけしていたのが東方神起の方々でした。

KPOPなど全く知らなかった私は、なかなか格好いい韓国メンズがいるわねとしか思っていなかったのですが、ある時少し離れたところから、その男の子たちに熱い視線を注ぐ何人ものおばさんがいることに気づいたのでした。

後々、一緒にランチをしていたお友達から、東方神起という人気グループだと聞かされ「あの若さでおばさんを虜にするとは、どんな芸風も持っているのだ⁉︎」などと、大層不思議に思ったものです。

今でもジェジュンさんの顔を見ると、あの頃のおばさん達を思い出します。

中で食事をすれば、もっと近くで見られるのに、何故かおばさんたちは店の外から熱い視線を注いでいたのが謎です。

ひょっとして、恥じらい⁉︎

いくつになっても、気持ちは「乙女」ってことなのでしょうか。。。

韓国ドラマにハマったとはいえ、未だにその辺りのファン心理にはうとい私なのでした。。。