365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

運・不運もバランスありきと、運をシェアしたり操作してみるも、ATMシステムダウンで水の泡の「哀」

2021年2月28日(日)

今日は娘の大学入試でした。7時前に家を出て、娘を受験会場へ送り、あとはぶらぶらとお菓子を求めて彷徨ったり、ランチをしたりで、最近では珍しく一万歩近く歩きました。

しかし、今日は一人ではありませんでした。いつも休日は寝坊助の夫が早起きをして一緒についてきたのです。

荷物持ちがいれば便利ではありますが、基本的にひとり行動が好きなので、「うわ」と思ったものの、仕方ないので「ついてくるな」とは言いませんでした。

その代わり、「今日は行くところが決まっているからね」と前置きをして、お目当てのお菓子を求めてあちこち歩きました。
普段はなかなか足を運ばないエリアなので、ハッスルしました(笑)

しかし、コロナの影響で休業中であったりと、なかなか思う通りにはいきません。

テクテクと歩いて、ようやくたどり着いたと思った大本命のお店が休業中だったので、ガックリしたのですが、ここで私がマイナスの運を取った分、娘の方がプラスになっていることだろうと、勝手に解釈。何事もポジティブに!で、勝手に「運」のシェア(笑)

その時、頭に浮かんだこと。

「何事もバランスありき」

いいことも悪いことも同じようにあるもの。それならば、私が悪い運を引き受ければ、自然が娘の方に良い運を振り分けてバランスを取り、結果合格!

なんてことにならないかな?などと考えたのです。





自分が悪い運を引くためにはどうしたらいいか?名案が浮かびません。唯一考えついたのが、「わざと転ぶ」です(笑)
しかし、それは大怪我する可能性もあるので却下。

そこで、ちょっと考え方を変え、なんでもいいからマイナスにすればいいのでは?と思いつきました。

とてもくだらないのですが、その時は結構真剣でした。
 
一番手っ取り早い方法として、「財布の中のお金を使い切る」です。

失うものあれば、得るものもある。

まさに自然から与えられたバランスです。

2月はバレンタインデーがあったため、お菓子代を遣い過ぎてしまったので、3月になるまでは自重しようと思い、ここ数日はじっと耐えていました。

その反動もあってか、和菓子から洋菓子まで目についた美味しそうなものを、ついでに夫が欲しがるお菓子も買ってあげ、ついでにランチ代も全てキャッシュで私が支払いました。

普段、金額が5千円以上の時はカードで支払いをするようにしていますが、カードではお金を失っているという実感が希薄です。

ランチの後にお茶を飲み、その支払いを済ませると、お財布の中はほとんど空になっていました。

ちょっと遣い過ぎちゃったけど、これで娘の運気も上がるはず!

そう思ったものの、クレジットカードがあるとはいえ、さすがにキャッシュが数百円では心許ないものです。

運のバランスはこれで取れたはずだからと、少しだけお金を引き出そうとATMに寄ってから帰ることにしました。





少し離れた場所からATMを見ると、幸い無人だったので、「ちょっとお金下ろしてくるわ」と夫に声をかけようとすると、いません。。。さっきまで横にいたはずなのに消えていました。

混雑したターミナル駅の構内です。人混みの中、周りを見渡すと、かなり離れたところにあるショップの前に夫の姿が!何やら物色しているようでした。

私のいた位置は夫とATMの中間でしたが、広い駅の構内だったので、一言言っておかなければはぐれてしまう可能性もあります。

そこで夫のところまで行ったのですが、また元きた道を戻るのがなんだか面倒になってしまったため、そのATMでお金をおろすことはやめました。


買い物も終えたので、帰って最寄駅のATMでおろせばいいやと地下鉄に乗り、最寄り駅に着いたところでATMに行くと、2つある機械はどちらも使用中?
ではなく、2人とも備え付けの緊急用電話機を握りしめていました。

なんとなく様子が変なので、中を覗き込むと、中にいた女性が説明してくれました。

M銀行のATMシステムが広範囲でダウンしていて、キャッシュカードが吸い込まれたきり戻ってこないと。。。
しかも、その女性は2時間もそこで待っているといいます。
もう一つのATMにいた方も全く同じ理由でそこに留まっていたのです。

2時間?ということは、もしも私があのターミナル駅のATMを使っていたら、カードが吸い込まれて動けなくなっていた可能性もあったということです。
時間的にも辻褄が合います。。。





「今日はM銀行のATMは使わない方がいいですよ」

その女性に言われ、別の銀行へ行き、無事にいくばかのキャッシュを財布に収めましたが、よくよく考えたら難を逃れたということになります。

「さっきいた駅のATMを使うはずだったけど、あなたがふらふら行っちゃうから、面倒でやめたのよ」

私が夫にそう言うと、

「俺のおかげでトラブルに巻き込まれずに済んだな!」

「いいえ、それはやっぱり私の運がいいからよ!」

そう口にしたところで、とっても複雑な気持ちになってしまいました。

今日の私は娘に幸運を分け与えるため、ラッキーであってはいけなかったのです。

私がマイナスを引き受けなければ、バランスが保てません。

それなのに、なんという運の良さ。。。

私がお金を遣う(失う)ことと引き換えに得た幸運を、受験生の娘に振り分けてあげようと思っていたのに、結局は自分が運を使ってしまったようです。。。

運・不運のシェアってできないものなのでしょうか?

変なことを考えて、運を操作しようだなんて考えるものではないなと己の小賢しさを反省。。。

するわけもなく、結局はM銀行のATMのおかげで、水の泡になったわ!と思ったのでした。

それにしても。帰宅後にM銀行ATMの件が思ったよりも大変なことになっているのを知りました。
都内の一部かと思いきや、全国的に発生していたことのようで、巻き込まれた人も多かったようです。

親切にあれこれ説明してくれた女性は、あの後どうなったのだろうかと気になります。
しかし、マイナスなことがあった分、きっと同じくらいプラスの出来事がきっと待っているはずです。

そうでなければ、バランスが保たれませんもの!





ちなみに今日は、昭和のアイドル歌手、田原俊彦さんの生まれた日です。

元ジャニーズのアイドルとして、大人気だった田原さん。
足は高く上がるけれど、決して歌の上手な方ではありませんでした。
しかし、あれほどの人気を誇ったのは、やはりジャニーズマジックというものだったのでしょうか。
私は今も昔もジャニーズに興味はないのですが、周りには50を過ぎてもジャニーズ大好きおばさんが結構いるのです。

そんな方々のほとんどが、かつてトシちゃん(田原俊彦)かマッチ(近藤真彦)のファンだったといいます。

『明星』という雑誌の表紙を飾るトシちゃんをうっとりと見ていたクラスメートの姿を思い出します。

いつ間にかその姿を見なくなった田原さんですが、最近はまたチラッと出てきているようですね。
もう40年近くなるというのに、あまり印象が変わらず若々しいのはすごいです。そして、かつてのアイドルからコメディーに転身した?というくらい、なんだか面白いおじさんになり、昔よりもずっと好印象のトシちゃんなのでした。