365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

汗をかくのは代謝がよくなったせいか更年期か。健康のため流れる汗に耐える「喜」

2021年6月15日(火)

昼間はなかなかよいお天気の東京でしたが、やっぱり梅雨ですね。夜になって、またしとしとと雨が降り出してきました。

日中はお日様も出ていたので、この梅雨の晴れ間を無駄にしていいものか。。。と、朝からそわそわ(笑)

そこで始めたのが、洋服の整理。
お洋服に関しては、定期的に断捨離を繰り返していますし、コロナ禍以降はほとんど引きこもりなので、洋服はあまり買っていません。

それでも、クローゼットの中や箪笥の中を整理していると、不要だなと思うような服が一着やニ着は出てくるから不思議です。

何年も手入れをしながら着ていた服も、年齢と共に似合わなくなったり、好みや体型が変わったりで、お気に入りから外れることもあります。

最近は同じスタイル、色の服ばかりを揃えているので、そうしたことも少なくなってきましたが、それでもまだ整理は必要です。

寒い冬が終わり、春頃はまだ肌寒さがあったものの、ほどなくすると夏ような暑さがきたり、また寒くなったりと、今年の春はなにを着ていいのやら、わからないような天気でした。
いつ衣替えをしていいのやら、もしかしたら梅雨は寒くなるかもなどと考え、結局はどちらでも応用できる服をメインに出していました。

しかし、このジメジメっとした陽気を考えれば、もう寒くなることもないだろうし、なによりもコロナ禍では出かけることもあまりありません。

そこで、今日は「ジメジメと暑い」前提で洋服の整理をしていました。





それほど暑さは感じなかったので、四方八方の窓を開け放していたのですが、動いているとやはり暑くなります。
気がつくと、額から、首筋から汗がポタポタ流れるほど。。。

暑い!これはエアコンの出番だわ!

そう、いつものようにエアコンのリモコンを手にしたものの、はたと考えました。

汗をかくのは不快だけれど、悪いことでないはずだと。

私は若い頃からあまり汗をかかない体質?で、サウナにいっても夏の暑さの中にいても、ダラダラと汗が流れることはありませんでした。
お友達からも「なんで一人で涼しい顔してるの?」などと、よく言われたものです。

本当は涼しいわけではなく、すごく暑かったのですが、なんだか変なプライドがあって「暑い、暑い」とヒーヒー汗を流している姿を見せたくありませんでした。
当時は気合いで汗を止めてると信じていましたが、今から思えば、ただの低体温、つまり代謝が悪かっただけなのでしょう。
それを変な美学に仕立て上げるとは、とんだ勘違い娘です(笑)

そんな私が最近は低体温から脱し、さらにはとてもよく、汗をかくようになったのです。
これも歳のせいでしょうか。





更年期の影響とも言えるかもしれませんが、少し暑い日になると、わずかな距離を歩いただけで、首筋にツツーッと汗が流れたりします。

流れるほど汗をかくのは気持ちが悪いものですが、なんだか代謝がよくなったようで、老廃物まで一緒に流れるような気がしてきます。

身体にいいと思えば、我慢はできます。
これはするべき我慢だ!と、自分に言い聞かせ、今日も汗だくになりながら、お洋服の整理をしたのでした。

途中帰宅した次女は、私の姿を見て、

「マラソンでもしてきたの?」

そう真面目に尋ねてくるくらい、汗だくになりました(笑)

汗をかくだけで健康になれるのなら、こんなに嬉しいことはありません。もしかしたら、やっぱり更年期のせいかもしれませんが、「健康だからこそ汗をかく!」そう信じて、この夏はしっかり汗をかこうと決心しました。

片付けを終え、シャワーでスッキリと汗を流したら、すかさずエアコンをオンです。

願わくば、あの汗と一緒にお腹についた脂肪も流れてくれるといいのだけれど。。。

涼しくなった部屋でクッキーを摘みながら、そんなことを考えたのでした。





ちなみに今日は、歌手の岩崎良美さんの生まれた日です。

同じく歌手である岩崎宏美さんの実妹で「タッチ!タッチ!」と、あの有名アニメの主題歌を歌った方としても知られています。

デビューはお姉様の方が先だったため、姉の七光ですか?と思いきや、素晴らしい歌唱力を持つお姉様に負けず劣らずの喉を披露し、私たちをびっくりさせました。

これは遺伝的なものに違いない。
素晴らしい喉を持ったお二人を見て、当時そう思ったものです。

もっともっと人気が出てもよかった!いまでもそう思うほどの歌唱力をもった良美さん、まだまだ現役のようで、なによりです。

久しぶりにYouTubeでも巡り、昭和の歌を聴いてみたくなりました。