365の喜怒哀楽 〜 50代主婦の暮らしブログ

喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、日々の出来事を綴る日記。

Sponsored Link

『世界のグルメ図鑑』とカルテスエッセンでのんびり過ごす週末。

ようやくカラリと晴れた日曜日。これはチャンス!と、朝から大量のお洗濯をしました。
少し暑い一日でしたが、吹く風はもう秋。
気持ちのいい一日でした。

しかし、本来ならのんびりできる週末も、専業主婦にとっては家族が全員集合するため、いつもよりも忙しなくなるものです。
とりわけコロナ禍の緊急事態宣言下となれば、一日中家族が家にいるので、何をするにも導線が狂います。

いつもなら、午前中に済ませてしまえるお掃除も、家族の起床を待ってからなので、なかなか終わりません。

最初はイライラとしたものですが、いまは大きな心で「みんな疲れているのね。お休みの日くらい、しっかり休養しなくちゃね」と、それを理由に普段やる家事も省略(笑)

代わりに朝は自分の好きなことをしています。

好きなことといっても、それほどチョイスは多くありません。基本的に無趣味なので、ブログを書くこと、韓流ドラマを観ること、本を読むこと。それらをしながらお菓子を食べる。毎日それだけです(笑)

毎日同じでも、全く飽きません。多分好きなことだからだと思います。
たったそれだけのことなのに、時間が足りない!と思うことがあるほど楽しんでいます。

週末は夫がリビングを占領し、Netflix三昧なので、私はダイニングかキッチンにこもって本を読んでいることが多いです。





今日読んでいたのは図鑑です。

ガイドブックで知られる地球の歩き方BOOKSから出ている図鑑シリーズで、『世界のグルメ図鑑』という本です。。

f:id:frankie17:20210919141916j:plain

世界116の国や地域の名物料理が紹介されている本で、見ているだけで楽しくなります。
お食事だけでなく、スイーツやドリンクも分量は少ないながら、写真付きで掲載されているので、そちらもスイーツ好きとしては嬉しい!

さらにその国のエリアマップから国旗、言語など基本データ、食の雑学とコラム、また、そんな各国のグルメが楽しめる国内のお店まで紹介されています。

他にも世界の言葉で「美味しい」にあたる言葉をルビ付きで書かれていたり、読み応え満点です。

本の大きさは通常の『地球の歩き方』と同じですが、紙は少し厚めなので、ページ数は255頁まで。
それでも情報量はかなりのものです。


グルメには興味ないけれど、海外旅行は大好き!また、海外旅行派ではないけれど食べることは大好き!
どちらの人も楽しめる構成になっています。

両方に目がない私は、もう毎日眺めていても飽きません。

これを眺めていて、とっても食べたくなり、晩ごはんのメニューにしてしまったこともあります。
さすがにレシピまではありませんが、今はネットでほとんどのレシピは調べられるので問題なしです。
献立づくりにも役立ちます(笑)

ちなみにこのシリーズ、グルメ以外にも、世界の宮殿とお城を紹介したもの、世界の指導者図鑑など、読んでみたいものがまだまだあります。





今日の晩御飯は、そんな世界のグルメに影響されたわけではありませんが、ドイツ風です。

最近、週末の食卓にたびたび登場するこのセット。勝手に「成城石井カルテス」と命名(笑)

ドイツの方には大変失礼ですが、私にとっては究極の手抜き?とも思える「カルテスエッセン」です。

f:id:frankie17:20210919084838j:plain

「カルテス」とは冷たい、「エッセン」はお食事という意味で、つまりは「火を使わない冷たい食事」ということです。

これがとにかく楽で美味しい!
近所にある成城石井というスーパーで、適当に美味しそうなものを買っておき、それをただ並べるだけ。写真には写っていませんが、ここにコンビニで買ったカット野菜のサラダが加わります。これも封を切ってお皿にドサッとあけるだけ。
仕上げにパンをカットして、軽く焼けば終わり。

あとはテーブルに並べて、好きに食べて貰えばいいので、とても楽です。

f:id:frankie17:20210919085146j:plain

特に暑い夏に火を使わずに済むのは助かるので、毎週のようにカルテスエッセン(笑)

国際結婚はとても厄介なことが多いのですが、こんな簡単な食事でも大喜びしてもらえるのは、夫が外国人ならではかなとも思います。朝もシリアルでOKですし。
こんな生活を何十年も続けていると、毎日朝からご飯を炊き、お味噌汁を作り、お魚を焼いたり。。。なんて生活はとてもできる気がしません。日本の主婦ってすごいなと思います。

価値観の違いばかりで腹を立てることも多いですが(お互いに)、カルテスエッセンで楽ができると思えば、面倒くさがり屋の私にはちょうどいい相手のようです(笑)

早起き習慣と贅沢なおやつ。美味しいものは人を幸せにする。

30代の頃、まだ下の子が幼稚園に通っていた当時、思い立って早起きを始めました。そんな習慣も、かれこれもう20年近くになります。
ひとり静かに過ごせる時間が欲しくて、夜は子供と一緒に早く寝て、朝は4時に起きて朝だけ好きなことをするという生活です。

50代になってからは、自由な時間もたくさんでき、加えて少し疲れやすくなったこともあり、さすがに4時起きはしなくなりました。それでも長年の習慣か、5時頃には自然と目が覚めます。

今朝も5時パチっと目覚め、起きてみると、外は豪雨とも言えるような雨。
真っ先に心配したのがベランダの鉢植え達。

大きなプランターに生い茂っていた日々草が、ダウンしていてガッカリ。
その代わり雨に打たれながらも、昨日開花した紫丁花はさらにもう一つの花を咲かせていました。

f:id:frankie17:20210918110958j:plain

毎朝、ベランダに出て緑の葉っぱや花を見ると、とっても癒されます。
とりわけ週末は、家族全員集合でバタバタと賑やかすぎるので、更なる癒しが必要です。。。





それが、お3時おやつ。
一日のうちでもっとも太りづらいという「午後3時」を狙い、毎日毎日なにかしら甘いものをおやつにいただいています。
これも一つの癒しです。

今日のおやつは、最近お取り寄せした『トリュフバターサンド』でした。

f:id:frankie17:20210918151426j:plain

昨日メインブログにも投稿したのですが、たくさん入っているので、今日は家族にもお裾分け。
結構濃厚な味わいなので、2つも食べれば満足できます。

自然の美しさは癒しですが、人の作ったものでも癒しになるものはあります。

美味しいものもその一つ。
お食事でもお菓子でも、美味しいものを食べると幸せな気持ちになります。
若い頃からそうでしたが、歳をとるとなおさら食へのこだわりが強くなります。

美味しいと思えないものを口にすると、「このようなものでカロリー摂取し、太るなんて!」と、とても損をした気分になるほどです(笑)

だからこそ、一食一食、何が食べたいか、何が美味しいのか、そんなことを考えながら、自分の口に入れるものを選びたい。。。

なにはともあれ、食欲は元気の証です。
今日も元気いっぱい過ごせたことに感謝。

紫丁花の開花と家事。楽を覚えた専業主婦は、さらなる楽を求め家事効率化を考える。

今朝、ベランダに出ると、紫丁花が開花していました。
花芽は沢山あるものの、なかなか開かないので、どうしたものかと思っていましたが、ようやく開いてくれました。

我が家のベランダは西日が強くあたるので、調子を崩した?このまま蕾だけで儚い終わりを迎えるの?
少し心配していました。

昨年は暑さのため、ベランダにあるほとんどの植物が枯れてしまいました。暑いからと水をあげ過ぎたための根腐れや、直射日光が当たり過ぎたせいです。

そんなトラウマもあり、今年は水をあげるのもビクビク。一日に何度もベランダに出て日光対策をしてきました。

その甲斐あって、今年は無事に夏が越せそうです。

f:id:frankie17:20210917100013j:plain

一気に2つも咲いて、さらに開きそうな蕾がたくさん!

こんな些細なことで気持ちが上がるとは、私も歳をとったのだなと思います(笑)

紫丁花は10月くらいまでが花期だそうなので、まだまだ楽しめそう。





今日のひとりランチは、戸棚の奥にガルファロのフリッジが残っていたので、早く消費したくてパスタに。

ミートドリアを作った際の残りものミートソースにクリームを加え、茄子の揚げ浸しのために買っておいた茄子をまとめて揚げて、少しだけ拝借。
その間に茄子の揚げ浸しも一緒に作ってしまいます。

f:id:frankie17:20210917132738j:plain

フリッジも少し多めに茹でておいて、晩御飯のサラダに流用。

ランチついでに夜ご飯の副菜、2品出来上がりという一石二鳥です。


子供も大きくなった専業主婦ですが、とにかくいかに手間を減らして家事を楽にするか⁉︎ そればかり考えています(笑)

食事を作るのは仕事のうちですが、これが365日ともなると正直言って面倒です。。。
食いしん坊なので、作るのは割と好きですが、とにかく献立を考えるのが面倒。

考える時間もお買い物へ行く時間も、作る時間もたっぷりあります。それでも時々うんざりするのですから、兼業主婦をしている方には頭が下がります。

今時の若いご夫婦は、家事も育児も分担するのが当たり前になっていると聞きます。しかし、実際は多くの家事、育児は女性が担うことになっているのではと想像します。

それを思えば、子供もすっかり大きくなり、仕事もしていない主婦はなんと楽なことか。
「三食昼寝付き」などと言いますが、それもあながち間違ってはいません。
働かずして毎日しっかりご飯を食べ、家事もノルマがある訳ではないので、昼寝をしようと思えばできます。
小さな子供のいる方は無理でしょうが、アラフィフともなれば余裕です(笑)





しかし、人の欲とは際限なく湧いてくるものです。
楽をするという甘い蜜を少しでも味わうと、もっと!もっと!と、甘い蜜をゴクゴクと飲みたくなるのです。

家事育児に必死だった30代、40代の頃は、ほんの1時間でも自分の時間が持てれば嬉しかったものです。
お茶を飲み行ったり、ゆっくり本屋さんで過ごしたり、好きなお菓子を作ったり、単身で行動できることに感謝したものです。

その頃に比べれば、いまは1日のうちほとんどの時間を単身で過ごすことができます。
食事の支度、掃除、洗濯、諸々の雑用さえ済ませてしまえば、あとは丸々自由なのです。

甘い蜜を舐めるどころか、ゴクゴクとはいかないまでも、お腹いっぱいになるくらいには飲めています。

それでも尚、ゴクゴクと飲みたいがために、いかに質を落とさず、手間と時間を削減できるか?日々、試行錯誤しているのです。
改めて考えると、これはとても贅沢なことです。

外出した日など、帰ってからの夕食作りがしたくない時などは、「疲れたからご飯作れません」とデパ地下で買った惣菜を並べても、家族の誰からも文句はいわれません。

食いしん坊なアラフィフ女のため、好きなものをお腹いっぱい食べられるようにと!せっせと働いてくれるのは、もはや夫しかいません。
感謝しなければいけないことです。

「手抜き」と言うとネガティブなイメージになるので、これからも「要領よく」家事をこなしていこうと思います。

望むものを引き寄せる力の意味を学んだ本。マーフィー博士とナポレオン・ヒル。

人と会って不快になるようなことはあまりないのですが、たまに予期せずばったりと好ましくない人と会ってしまうこともあります。

今日もそうでした。。。
「運が悪かった」と忘れてしまえばいいことですが、それができないこともあります。
思わず溜息が漏れ、どうやって心に留まった暗雲を払いのけようか。。。

お買い物で発散するには物欲が足りない。お友達と会って元気をもらうにも、この緊急事態宣言下では突然のお誘いもしづらい。

時間が解決してくれるのを待つしかないと思ったものの、やっぱりモヤモヤする。
直接会わなくても、せめてLINEでもして話を聞いてもらおう!

そんなことを考えながら、歩いていたところ、頭に思い浮かべたお友達とバッタリ遭遇しました。
心で繰り返し、そのお友達の顔を思い浮かべていたせいか、引き寄せてしまいました(笑)

あまりスピリチュアルなことに興味がある方ではないので、引き寄せというより、こんな時は「やっぱりラッキー体質だわ」などと思うのです(笑)

これはよくあることで、電話をしようと思った相手から偶然かかってきた。など、誰にでも経験のあることだと思います。

ただの偶然か、強い思いが引き寄せたのか、今風の言い方をすれば「エビデンス」がありません。





人に限らず、物との出会いも同じです。
若い頃は、こんなお洋服が欲しい!と頭に描いたものを探し回ったものの見つからないこともあったりと、引き寄せる力がなかったようですが、年齢とともにラッキーが増えてきたように感じます。

先日も、飴やちょっとしたお菓子を入れておく素敵なケースが欲しいと思っていたころ、引き寄せました(笑)
別のものを求めてたまたま入ったお店で、イメージ通りのものを見つけました。

f:id:frankie17:20210916114335j:plain

籐製で通気性もよく、蓋がついていているデザイン性のあるもの。
そんなイメージにぴったりで一目惚れでした。

f:id:frankie17:20210916114333j:plain

これにチョコレートや飴をいれて、テーブルの上に置いているのですが、結構便利で家族もそこから一つ二つとってはお口に入れています(笑)





引き寄せについて考えたていた時、2冊の本が頭に浮かびました。

それは、潜在意識に自分の求めるイメージを送り込むと、それが現実になるという黄金律を書いた『マーフィーのゴールデンルール』という本でした。

まだ10代の頃、実家の本棚には沢山のビジネス本が並んでいたのですが、その中には啓発本のようなものもあって、マーフィー博士の本もその一冊でした。
これが結構気に入っていて、暇さえあればペラペラと頁を繰っていたのですが、まだ若く純粋な少女であった私は、いつしかそれを丸々鵜呑みにするようになりました。
まるで自分の求めたもの全てが手に入ると信じ、以来望むことがあれば「必ず望みは叶うもの」と疑いませんでした。

残念ながら、全ての望みは叶いませんでしたが(笑)


amazonで探してみたら、装丁は変わっていますが、今もあるんですね!かれこれ40年くらい前に読んだ本なのに。。。


その後、もう少し大人になってから手に取ったのが、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』という本でした。
成功者がどんな行動、言葉をもって成功を引き寄せたかが綴られた本で、これもなかなか面白かったです。
ちょうどお金を稼ぐことに夢中になっていた頃に読んだ本なので、成功者体験はかなりのモチベーションアップになりました。
なんと言っても、まだ若かったので(笑)

今は専業主婦なので、この本は断捨離しようかと思いましたが、子供たちにお勧めしてもいいかも。。。と、まだしまってあります。自分ではもう何十年も開いていませんが(笑)


今では啓発本など、まったく興味はありませんが、若い頃というのは、こうしたものを読むことが明るい未来を描く一助になるものなのです。

50代になった今、過去を振り返ってみれば、若い頃に読んだ本がその後の人生に多大な影響を与えた事は否めません。

望みが叶う。その前提であれば、能動的に考え行動するようになります。そのおかげで、やりたかった事はほとんどできました。
そして今の生活も望んだものとは少し違いますが、十分に満ち足りています。
幸せのハードルが低いのかもしれませんが(笑)





つまり、引き寄せるとはそういう事なのだと思います。
今日、話を聞いてもらいたいと思った友人とバッタリ出会えたのはただの偶然だったと思います。
しかし、もし会わなくても自分から連絡する事で「では近所でお茶でも」という流れになっていたかも知れません。
つまり、「話を聞いて欲しい」という望みは叶っていたわけです。

運が良ければ自分が動かずとも、事が動くこともありますが、ほとんどの場合は潜在意識によって自分の行動が変わり、それに対するリアクションが起こるのではないかと思います。

引き寄せるというのは、きっとほとんどの場合は自分で掴み取りにいっているのではないでしょうか。

コロナ禍では以前のようにあれこれと行動することが難しくなっています。
家にいることに慣れている中年の専業主婦でさえ、うんざりした気持ちになったりしますが、こんな時だからこそ、「望みは叶う」という前向きな気持ちでいたいものだわと思うのでした。

野菜の高騰と主婦のへそくり。食費の見直しをしながらも、好きなものはやめられない。

気温が多少高くても、9月半ばともなると吹く風も幾分カラリと涼しく、かなり過ごしやすくなりました。

ベランダにあるマユミの鉢植えも、少し色づいてきたような。。。
気持ちのいい季節の到来です。

f:id:frankie17:20210915182147j:plain

陽気もいいので家事を終えてから、運動がてら少し離れたスーパーまで行きました。

今年の夏はお野菜のお値段がなんだか高いような。。。
元々物価の高いエリアなので、多少は覚悟の上ですが、これまでになく「高い!」と思うことが増えました。

夫の拳ほどしかない小さなレタスが¥350。
キャベツ1個がやはり同じような値段です。
トマトもサイズは大きいものの、1個¥290とか。。。この値段ならアメーラと変わらない⁉︎と、さすがに驚きました。

先月、野菜が高騰しているとニュースで言っていましたが、9月には価格も落ちつくだろうという話でした。
しかし、あまり変わっていないようです。

贅沢品に比べたら、食べるものなどたかが知れている。

いつもそう思っているので、食べるものに関しては、あまり金額にこだわらず、好きなものを買っていましたが、あまりに普段と違った値段だと、さすがに考えてしまいます。





「来月から◯◯が値上がりします」
そんなニュースを耳にするたび、もしも買えないような値段であれば、食べなければいいくらいに思っていましたが、いざとなるとやはり買わないわけにはいきません。

食べることは健康にとっても大切なことなので、バランスは最低限考えてのメニュー作りです。
お野菜が高いからと言って、お肉や炭水化物ばかり食べているわけにもいきません。

結局、高い!高い!と思いながらも、たくさんお野菜を買ってきましたが、やはりお会計を見ると、「高い。。。」という呟きが漏れてしまうほどでした。

今年も残り3ヶ月半です。
目標としているへそくり額があるのですが、今年は子供達にお金がかかりすぎて、かなりの遅れをとっています。
あと3ヶ月で挽回することは難しそうですが、少しでも目標に近づけるためにはどうしたらいいか?

コロナ禍でお友達とのお付き合いも激減し社交費はミニマム、美容代や被服費もほとんど外出しないのでミニマム。
趣味のお菓子代はブログ収益で相殺が基本。足りなけば貯金から出すことになりますが、大幅に削るとすれば、やはり食品しかありません。

元々エンゲル係数が高いのはわかっています。そこのところを見直せば、かなりへそくりにはプラスになるはずです。

昔に比べて食料品の値段は確実に高くなっています。加えて消費税の度重なる増税で、かなり家計の負担は重たくなっているということを忘れていました。。。

食べるものなどたかが知れている。

もうそんな悠長なことを言っている時代ではないようです。

数年前の家計簿を見て比較検討し、少しでもへそくりを目標額に近づけなければ!
そう決意しながらスーパーを後にしたのでした。





帰りしな、好きな和菓子屋さんをのぞくと、黄金色に輝く秋のお菓子が。。。
栗菓子の季節です。

今日のおやつは、秋になると出てくる『とらや』さんの、栗鹿の子と栗粉餅。
これが本当に美味しくて、お3時おやつには最高なのです。

f:id:frankie17:20210915204434j:plain

おやつだけにするつもりが、期間限定の日持ちのするお菓子の詰め合わせがあり、ついついそちらも。

お野菜に比べたら、こちらの方がずっと高価なのに、これはこれでまた別物。
これが私の暮らしにおいて、最大の楽しみなのです。

お菓子のおかげでストレスもなく、楽しい気持ちで過ごせるのなら、それも健康への投資ということで(笑)

50代主婦の趣味。心穏やかに、認知症予防にもなりそうな写経に挑戦。

今朝、揺れを感じる地震があり、久しぶりにヒヤリとしました。
地震というものは何度経験しても怖いもので、ユラッとくるたびにドキドキしてしまいます。
そんな不安を払拭しようと、今朝は写経をしてみました。

以前、外出先でちょっと嫌なことがあり、自己嫌悪でモヤモヤッとしていたことがあります。
気分転換にと寄った本屋さんで手に取ったのが写経の本でした。

写経は心を落ち着かせる効果があると、どこかで聞いたことがあったので、乱れた心を整えるのにいいかもしれない。そう軽い気持ちで買ったのでした。

文字を書くのも好きですし、家で手軽にできる、リラックス効果もあるというので、これはいいこと尽くし⁉︎ と思ったものの、嫌な出来事は写経をやるまでもなく忘れ、ついでに写経本のことも忘れて、そのまま放置してありました。

f:id:frankie17:20210914122005j:plain

文字には精神状態が現れるといいます。心が乱れている時は文字も乱れるということですが、本当でしょうか。。。

最近は文字といえばスマホやパソコンを使って書くことが多いので、手書きはメモくらいです。
メモ書きなので思い切り乱れ、おまけに日本語と英語を混ぜるなど、本人以外は判読不能なこともあるほどです。
普段から心が乱れているということでしょうか。。。





実際に書いてみると、ペン習字をやっているようでなかなか楽しい。
普段使っているボールペンを使用しましたが、「般若心経」という字面を見ていると、毛筆を使いたくなります。

韓国ドラマの時代劇でスラスラと筆で書をしたためる王様が思い浮かびます。。。
しかし、いきなり毛筆は無理なので、とりあえず明日から筆ペンにしましょう。

タイトルに一日5分とあるように、あっという間に1ページ書き終わりました。
簡単だし、これは継続できそうです。

脳を活性化させ、認知症予防にも効果的という話もあるので、中年以降の趣味としてはなかなかいいものではないかと思います。

毎日やる気はしませんが、たまに気が向いた時、ちょっとイライラッとしている時など、やってみるのもいいかなと思いました。

一日5分だけのいわるゆビギナー向け写経。たまに開くにはちょうどいいのかもしれません。


お昼ご飯はひとりだったので簡単に。
KALDI(カルディ)で買ったレモンのパスタソースを使って簡単パスタランチ。
具材がないと寂しいので、タコとマッシュルームのアヒージョでも作ろうと買ってあった材料を少しだけ拝借(笑)
グリーンがないので、ドライイタリアンパセリをパラパラっと。

f:id:frankie17:20210914174720j:plain

余っていたししとうものせてみた。。。
この一つが大当たり(激辛)!
最近、ししとうで当たりを引くことが多いので、宝くじでも買ってみようかしら?などと、ランチをいただきながら思ったのでした。。。

追記
昨日の記事通り、今日からブログのスタイルを一新しましたが、ついでにタイトルも少し変更してみました。
なんだか新しいブログを始めたようで楽しいです。

everyday.hw-frankie.com

1年間の喜怒哀楽ブログを終えて。また明日から新しいスタイルでスタートする「楽」

2021年9月13日(月)

待ちに待った月曜日。
明日からまたお天気が崩れる予報なので、今日は朝から大物や厚手のものをガシガシとお洗濯しました。
暑い夏は苦手ですが、唯一お洗濯物がカラリと乾くのは嬉しいことです。

それはさておき、このサブブログをスタートし、日記として書き始めたのが昨年の9月10日でした。
毎日毎日書き続け、今日で368記事になります。

1日2トピック形式で書き始めた日記で、写真も入れずに、ただその日にあったこと、考えたことを書き綴ってきたわけですが、正直飽きました(笑)

書いているうちに、写真も入れればもっと楽しいのに。。。

お誕生日シリーズも、誰のお誕生日か調べるのも面倒だな。。。

などと、始めた当初とはブログでやりたいことが変わってきました。

しかし、一度決めたことを安易に変えるのは、大袈裟にいえば私の流儀に反します。たかがブログでこのようなこだわりを持つのもおかしなことですが、結構しつこい性格です(笑)





そこで、ブログタイトルが「365日」だから、せめて1年間だけは同じスタイルで続け、2年目からはまた自分の求めるスタイルに変えていこう。
そう決めていました。

ところが、毎日習慣のように書いていたためか、一年経過したのをすっかり忘れていました(笑)
せっかく365日で一区切りつけようと思ったのに。。。

悔しい思いながら、2日オーバーでこれまでのスタイルは終わりです。

コロナ禍以降に始めたブログですが、ステイホームが主流の生活では、ブログに記しておきたいという出来事もなく、そんなことも飽きた理由なのかもしれません。

日記として日々の生活を書くことは、とても楽しいことです。
ただ、もう少し自由度が欲しいなと思うようになりました。

少しですが、読者登録してくださり、⭐️をつけてくれたりする方もいるので、そんな方々のニーズとは合わなくなるかもしれない。。。
そんな風にも思いましたが、やはり自分の好きなように楽しむのが個人ブログの面白さであり、継続の秘訣でもあると思っています。





この初夏で5年目に入ったメインのブログも、途中でブログの趣旨もタイトルも変えましたが、ありがたいことに、変更した以降の方がアクセスも読者も増えました。

このブログに関しては、メインブログと比較すると、アクセスも収益も微々たるものなので、その辺りは気にしていませんが、前例が良い結果であったのは励みになります。

明日から、新しいスタイルで始めようと思っていますが、基本的には「日記」です。
50代の一主婦の生活や興味の一端を記すものとしては変わりはありません。

ただ、毎日更新するかどうかは未定です。
1年間やってみて、毎日更新はなかなか大変でした。
忙しい日もあれば、体調の悪い日もあります。そんな時でも、とにかく何か書かなければとブログに向かうのは、結構ツライものがあります。

これからは「まいにち更新」という縛りをつけず、「なるべく更新」になりそうです(笑)

常に新しいことにワクワクしていたい性分なので、明日からブログを書くのがさらに楽しくなりそうです。

これまでとは違ったスタイルになる予定ですが、よろしかったらまたのぞきに来ていただけたらと思っています。