365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

人も薬局も見た目で判断してはいけない!と、改めて学んだ「喜」

2021年7月26日(月)

早くも台風の影響か、いつものような陽射しが照りつけるような暑さではなく、ムンムンとした湿度の高い一日でした。

私は病院へ行く日だったので、朝からウォーキングがてらテクテクといってきました。
いつもの定期検診なので、あっという間に終わり。
どうせ外出したのだから、買い物を済ませてから帰ろうと病院を出ました。

帰りは薬をもらわなければいけなかったのですが、今は総合病院でも院内処方はなるべくご遠慮で、院外の調剤薬局へ行かねばなりません。

いつもは帰り道沿いにある薬局へ行くのですが、今日は別方向にあるスーパーでお買い物をするつもりだったので、これまで行ったことのない薬局へ行くことになりました。

その通りには、二軒の調剤薬局がありました。

新しくてできた綺麗で大きな調剤薬局

古くて小さい昔からある調剤薬局

どちらがいいかと覗いてみると、新しくて綺麗な薬局にはたくさんの人が待ち合いでお薬を待っていました。

一方の古い方はといえば、誰もいません。

貰う薬はどこの薬局でも同じです。
どうせなら広々としたきれいな方へ足が向いてしまうもの。

さて、どうしようか。。。





少しだけ迷いましたが、古い方の薬局へ入ってお薬をもらうことにしました。
理由は簡単です。私は待つのが好きではないので、同じ薬なら早い方がいいと思っただけです。

その薬局は年配の女性調剤師さんでしたが、問診票を見ただけで、こちらの状態を把握したようで、余計な質問もなし。必要なことだけを確認して終わりです。
応対も温かみが感じられ、安心感もあり、こちらの薬局にしてよかった!と思いました。

帰りがけ、新しい方の薬局の前を通りましたが、同じ方々がまだ待っていました。
やっぱりあちらの方が早かったわ!と、スピード重視の私はニンマリ。

ハードで選ぶか、ソフトを重視するか?

古いけれど、昔からある安心感、そしてベテランの調剤師によるそつのない仕事。

綺麗だからって、大きいからっていいというものではないのだな。。。そう改めて感じました。

昔から、長くそこにあるということは、それなりの意味があるのでしょう。
私の後に数人入ってきた人達は、会話の内容からいつもお世話になっているのがわかりました。

これまで色々な調剤薬局へ行きましたが、「これからは、ここに決めようかしら」
そう思ったのは、初めてでした。
それほど、心地よい距離感と安心感があったのです。

人は見た目で判断してはいけない。と言いますが、調剤薬局もまた見た目で判断してはいけないのだなと学んだのでした。。。





ちなみに今日は、アメリカの映画監督である、スタンリー・キューブリックさんの生まれた日です。

鬼才と称されるだけに、一度観たら忘れられなくなる素晴らしい映画をたくさん作った方です。

十代の時、『時計じかけのオレンジ』を観て衝撃を受け、『2001年宇宙の旅』でなんだかよくわからない。。。となり、『シャイニング』で再び感動と、その後他の作品も観ましたが、やっぱり最初に観た『時計じかけのオレンジ』が好きで、何度も繰り返し観ています。

何十年も繰り返し観続けられる映画など、そうそうあるものではありません。
スタンリー・キューブリックは天才です!

そういえば、数年前にUNIQLOから出た『時計じかけのオレンジ』Tシャツ。
色違い、サイズ違いで買い、年甲斐もなく着ておりますが、さすがに外で着る勇気はなく、家の中だけにしています(笑)

これがオリンピックマジックか。金メダルに心躍る「喜」

2021年7月25日(日)

4連休も今日で終わり。
東京は相変わらず、ムッとするような暑さの一日でした。

緊急事態宣言とはいえ、街は都民のみならず、地方から遊びに来ている人も多くいます。加えてオリンピックでの感染対策としてあげられている「バブル」も崩壊しているようなので、必要なお買い物以外はステイホームの4連休でした。

家事をする以外の時間は、ネットでお菓子やパンのお取り寄せをしたり、ブログを書いたり、本を読んでみたりと、いつもと変わらない生活です。

騒々しい週末という点でもいつもと同じ。。。

予想通り、夫は朝から晩までソファーに寝転がり、オリンピック観戦です。
とにかく、「わー‼︎」「行けー!」「ぐはー‼︎」などと奇声を発しています。

一人で騒いでいる分には、「相変わらずうるさいわね。。。」で済むのですが、オリンピックとなると別です。

誰かとその感動を共有したいのか、何かというと「おいで!決勝だぞ!」と声がかかります。





今日もスケートボードと柔道でお声がかかり、お付き合いと思って一緒に観戦しましたが、なんだかんだ言っても、日本人選手が金メダルを獲得すると、とっても嬉しいものです。

自分の子供と言ってもいいくらいの若い人たちが、汗だくになりながら頑張っている姿を見ると、素直に応援したくなります。

これが「オリンピックマジック」というものなのかもしれません。

オリンピックには興味もなければ、観戦する気もありませんでした。
新型コロナの感染状況などからも、手放しでオリンピック開催を喜んでいたわけでもありません。

それでも、選手達が頑張っている姿を見ると、そんなネガティブな気持ちがどんどん薄くなっていくのを感じます。

まだ始まったばかりの東京オリンピック。明日から夫はまた仕事なので、私一人では積極的に観戦はしないと思いますが、日本人選手はもちろん、遠い海外から参加している選手、みんなにとって思い出深い「ニッポンの夏」になるといいなと思っております。。。





ちなみに今日は、ミュージシャンであるKONTA(コンタ)さんの生まれた日です。

昭和生まれにとっては、懐かしの『バービーボーイズ』!
スカートの裾をフリフリしながらくるくる回って躍る杏子さんの横、サックスを拭きながら、ハスキーな声で歌っていた、あのコンタさんです。

当時、たくさんの人気バンドがありました。しかし、男女のツインヴォーカルというのは、とても珍しかったのではないでしょうか。

バービーボーイズ』としての活動期間はそれほど長くはなかったようで、知らないうちに解散していました。。。
熱狂的なファンではありませんでしたが、結構好きなグループだったので、残念です。

今でもYouTubeなどで、たまに観てしまうのですが、あの頃のコンタさん格好よかったなぁ。。。と、しみじみ思います。
いま、どうしているのでしょうか。。。


余談ですが、お笑いの鬼奴さんが『バービーボーイズ』のモノマネをするのを、YouTubeで観たことがあるのですが、ものすごく面白くて何度も観てしまいました(笑)

老化現象か?物忘れはするけれど、結果よければそれでOKの「喜」

2021年7月24日(土)

今朝はいつもよりも少しだけ涼しいかしら?と思ったものの、やっぱり暑かったです。

一通り家事を終えた後、ウォーキングへ行こうかと外に出たものの、暑いのですぐに戻りました(笑)

なにか家で体を動かせないものか?
ぐるりと部屋を見渡し、目についたのがカーテンです。

厚い方のカーテンは自宅で洗うことができないのでクリーニングに出しますが、外側の薄いカーテンはいつも洗濯機でジャブジャブ洗ってしまいます。

薄いカーテンとはいえ、大きなものなので、冬場や梅雨時はなかなか洗う気になりません。

暖かくなってきたら。。。
梅雨が明けたら。。。

ずっとそう思っていたのに、すっかり忘れていました。

あまり頭を使うことなく、いつも同じような生活をしているので、すぐにやろうと思っていたことを忘れてしまいます。

先日は「金のなる木」を挿し木しようと、いくつか取って、乾燥しておいたのですが、3日くらいのつもりが、いつだっけ?というくらい放置してしまいました。

幸い元気な状態だったので、土に挿すことができましたが、危ないところでした。。。





こんなことはほんの一例で、他にもまだまだあります。

消耗品なども、買い足しておかなければいけないものなど、いざ買い物へ行くとすっかり忘れてしまっています。

「これは買っておかなくちゃ」

そう思ったものは、その場でお買い物リストにメモし、それを持って買い物にでも行かない限り、確実に忘れます。

若い頃はそうではありませんでした。

「メモをとらなければ忘れてしまうことなど、重要なことでない」

などと言って、頭の中にきちんとto do リストができあがっていました。

いつからでしょうか。。。
気づくと、頭の中のリストに記入できるのは一つか二つで、他のことは入る余地なしとなっていました。

お友達にそんな物忘れを嘆いてみたところ、「私もそうよ」という声があちこちから飛んできました。

これは年齢相応の現象!
憂うことはない!

そう思い、ちょっと安心しました。

安心はしましたが、やっぱり少しは抗いたいもの。
頭の中のメモが機能しないのなら、ペンとメモ帳に助けてもらいながら、物忘れを克服してやろうと思います。

老化を自覚するのは快いものではありませんが、それでもなす術があるのは喜ばしいと思わねばなりません。

頭の中のメモであろうが、実際紙に書いたメモでも、結果忘れなければいいのです!

今日はカーテンもスッキリお洗濯し、なんとなくリフレッシュした気分です。
まだリビングとダイニングのカーテンだけなので、明日からまた家じゅうのカーテンをお洗濯します。

忘れなければですが。。。笑





ちなみに今日は、ドイツの有名なぬいぐるみメーカー、シュタイフ社の創設者、マルガレーテ・シュタイフさんの生まれた日です。

スタートはフェルト製の象さんだったそうですが、シュタイフといえば、やっぱりテディーベアです!

子供達が幼い頃、我が家にもいくつかありました。
自分で買ったものもありますが、プレゼントされたものもありました。
子供に安心して持たせることのできる、品質確かなシュタイフのぬいぐみは、プレゼントには最高なのです。
今はぬいぐるみだけでなく、とっても可愛い子供服も扱っています。

我が家の子供達はもうぬいぐるみを抱いている年齢ではありませんが、あのモフモフとした柔らかい感触はいくつになっても離れがたいものがあります。

我が家のぬいぐるみは、数年前にすべて処分しましたが、やっぱり一つくらい手元に残しておけばよかった。。。
改めてそう思ったのでした。

東京オリンピック開幕。ブルーインパルスが飛んでいるのを見るだけで気持ち上がった「楽」

2021年7月23日(金)

今日からいよいよ東京オリンピックが開幕しました。
あまり興味はないのよね〜などと言いながらも、開会式での入場行進に釘付け。。。
ブログもそっちのけでした(笑)

試合のTV観戦はしないと思いますが、夫は可能な限り中継に張り付くことが予想されるので、視界の隅で応援することになりそうです。

そんな私も今日は朝からソワソワ。
先日見逃してしまったブルーインパルスの展示飛行があったからです。

飛行機大好きです。乗るよりも飛んでいるのを見るのが好きです。

私が初めてブルーインパルスを見たのは、約7年前の5月でした。

『大角玉屋』さんという老舗の和菓子屋さんへいちご大福を買いに行こうと、曙橋の駅を出て歩いている時でした。

迫り来る轟音に目を上げると、小さな飛行機が編隊を組んで飛んでいるのが見えました。

青い機体が美しいフォーメーションを保ちながら飛んでいる姿の、なんと美しかったことか!!!
あまりの感動に足が止まりました。。。
多くの人が同じように足を止め、同じ空を見上げていたのを覚えています。

青い機体はまるで「爽やか」を纏い、空から人々へ「希望」をばら撒いてくれているようでした。





見るだけで、こんなに幸せな気持ちにさせるものがあるなんて!

以来、東京の上空にブルーインパルスが飛行する際には、屋上でスタンバイすることにしました。
飛行ルートが都心部であれば、マンションの屋上からよく見えるからです。

ただ、先日の予行飛行は娘の具合が悪く、バタバタしていて、見ることができませんでした。

今日こそは!と、完全ステイホームでその時を待ち、冷たいアイスコーヒーを手に、いざ屋上へ!

音で接近を確認しようと耳を澄ませるも、報道ヘリの音がうるさくて、なかなか音が聞こえませんでした。。。 

近隣のマンションやビルの屋上に目をやると、やはり待ち構えている人がチラホラ。

そして予定時刻。
国立競技場のあたりにカラースモークが、丸い円を描き始めました。

国立競技場付近は雲が多く、五輪マークもはっきりくっきりとはいきませんでしたが、五輪のマークを残し、飛び去っていく姿を見るだけで、もう感動です。。。

写真やビデオを撮りたいと思いつつ、ブルーインパルスが姿を表すと、もう視線が釘付けです。
やっぱり自分の目でじっくりとその姿を追うのが一番!

しかし、今日は頑張って少しだけスマホでビデオを撮りました。(メインブログに一枚だけ写真を貼り付けました)

今日は何度もそれを再生しては楽しんでいました(笑)





ところで、我が家のあるエリアは、昨年より羽田空港への飛行ルートとなり、ほぼ毎日午後3時をすぎると、数分おきに飛行機が飛んで行きます。

最初の頃はベランダに出てはそれを見上げていましたが、毎日だとさすがに慣れてしまい、最近はその騒音がうるさくて気になるほど。
飛行機を見るのは好きだけれど、あまりにうるさいのもなぁ。。。と。
まったく勝手なものだなと思います(笑)

しかし、やっぱりブルーインパルスは別物。

めったに見られないけれど、何度見ても爽快、期待を裏切りません。
とても明るい気持ちにさせてもらえました。

次回は東京パラリンピックが行われる8月24日、再びブルーインパルスが東京の空を飛びます。

今度こそ雲一つない青空を期待し、ステイホームでその時を待とうと思っています。

コロナ禍での東京オリンピックなど、誰得?などと言っていましたが、オリンピックのおかげで去年に続き、今年は2度もブルーインパルスが見られるのですから、もう文句は申しません(笑)





ちなみに今日は、イギリスの俳優である、ダニエル・ラドクリフさんの生まれた日です。

言わずと知れた『ハリーポッター』シリーズの主役、ハリーを演じた役者さんです。
私もシリーズ通して大好きで、何度となく観ました。

この大ヒットシリーズによって富と名声を手にしたラドクリフさん、現在32歳にして億万長者です。

しかし、あまりに「ハリー」のイメージが強すぎて、共演したエマ・ワトソンさんなどと比べると、その後の俳優人生も大変だったのでは?と想像してしまいます。

いいことも、よくないことも、同じように巡ってくるのは、みんな同じなのかも知れません。。。

いつになったら海外へ行けるのか?続く新型コロナとの暮らしを想像する「哀」

2021年7月22日(木)

今日からいよいよ4連休が始まりました。
そうは言っても、無職の私にはいつもと同じ日です。

夫は仕事が山ほどあるとのことで、連休中もお仕事。代わりに夏休みをまとめてガッツリとろうという算段のようです。

4連休とは言っても、旅行へ行けるわけでもなく、お友達と会うわけでもなく、相変わらずのステイホームです。
感染者が急増している東京の現状を見れば、遊びに行く気にもなれません。

コロナ禍以前から、繁忙期にはなるべく東京で過ごすようにしていました。
人混みが好きではないので、多くの人が集まる休日などは、家にいるのが一番と思ってきました。

お盆やお正月はなるべく東京に留まり、静かな街を満喫。そして、世間のお休みが終わった頃に、旅行へ出かけるというパターンです。
無職の特権です(笑)

しかし今ではもう、いつでもいいから旅に出たい!と思うようになりました。

健康で長旅に耐えられる年齢のうちに、行きたいところがたくさんあります。
このままコロナのせいで、何年も何年も日本から出られないとなったら、お先真っ暗です。

一生懸命に働き、一生懸命に子育てをし、気づいたら中年と呼ばれる歳になっていました。
このままコロナで足踏みしていたら、あっという間に還暦を迎えてしまいそうです。。。

少しの時間も無駄にしたくないという気持ちなので、先の見えないコロナとの生活は、考えるととてもストレスになります。

昨年今頃は「来年の秋には!」と思っていましたが、東京オリンピックが終わったあと、きっと状況は今よりよくなっていることはないでしょう。

それなら年末?

それとも来年?

そんなことを繰り返しているうちに、あっという間にお婆ちゃんになってしまいます(笑)

せめて、来年には自由に海外へ行けるといいのだけれど。。。
そんなことを考えた一日でした。





ちなみに今日は、イラストレーターの安西水丸さんが生まれた日です。

初めて安西水丸さんのイラストを見たのは、村上春樹さんのエッセイ本でした。

お洒落な雰囲気ながら、どこかほのぼの、のんびりとした空気感を持ったイラストは、村上春樹さん独特の比喩表現にぴったりだなぁと思ったものです。

なんだか「私でも描けそう」と思ってしまいそうなイラストなのですが、やはりあの色彩豊かでポップなイラストは、安西水丸さんならではの世界です。

見るだけで気分が浮き立つような、リラックスした明るい雰囲気。私はとても好きでした。

残念な気持ちになることばかりで過ごした一日の「哀」

2021年7月21日(水)

いつものように暑かったので、ステイホームするつもりだった今日。
次女から出先で具合が悪くなったとの連絡を受けて、暑い中お迎えに行ってきました。

東京オリンピックを2日後に控え、あちらこちら交通規制が敷かれているため、タクシーを使うのも躊躇われます。
いつも通っている道が通れないとなると、あちらこちら迂回しなければいけない可能性もあり、かえって時間がかかってしまうことがあるからです。

こんな時はやっぱり地下鉄が頼りです。
交通規制のされているエリアは電車を使い、規制外でタクシーに乗り換えと、今日は少しだけ頭を使いました(笑)

タクシーの運転手さんに聞いたところによると、やはり交通規制のせいで混雑が発生したり、いつもとは勝手が違っていて大変なようです。

次女は具合が悪いといっても、緊急を要する事態ではなかったのでよかったですが、それにしても「このオリンピックは誰得なの?」と、改めて思ってしまいました。。。

思い返せば、最初から問題の多い東京オリンピックでした。新国立競技場の建設に始まり、数々の躓きがありました。
そして極め付けが新型コロナです。。。
さらには開会数日前に出てきた辞任劇など、最初から今に至るまで、何と問題の多いことかと。





今日の新型コロナ感染者数も、東京は1800人を超えました。
1ヶ月の後、東京がどうなっているのか、まったく想像できません。。。
夏休みといっても、どこへ行くこともできませんし、変わらずステイホームです。

そんな中、海外にいる長女から久しぶりに連絡がありました。
夏休みの日程を知らせてくれたのですが、コロナ禍では自由に海外へ出ることもできません。
本当なら、私が長女のところへ行き、一緒にホリデーを過ごすこともできたのにと、このコロナ禍が恨めしくなりました。

ステイホームは我慢できますが、日本から出られないことがとてもストレスです。

今日は東京の空に、ブルーインパルスが飛行演習したそうです。私は次女のことがあったので、それどころではなく見逃してしまいました。。。

ブルーインパルスが飛んでいる空を見上げていると、いつでもとっても素敵な気分になるので見たかったです。。。

そんな感じで、今日は「残念」ばかりが頭に浮かぶ一日でした。
明日はもっと明るい気持ちで過ごしたいものです。。。





ちなみに今日は、女優でありエッセイストでもある黒田福美さんの生まれた日です。

いまや韓流ドラマやKPOPなどが大人気の日本ですが、この方の韓流ブームは早かった!
ヨン様ブームが起こるはるか前、80年代にはすでに韓国語を学んでいたのですから。

私も90年代に出版された、福田さんの韓国エッセイは、一通り読みました。
たまたま知人がソウルに住んでいたことから、遊びに行く機会も多く、ガイドブックがてら彼女の著書を読んでいたのです。

女優さんというだけに、とても美しい方ですが、私にとっては「韓国通のおばさん」というイメージの方が強い方です。。。

頑張ることと忍耐は別のこと。無駄な我慢を捨てて生きる「楽」

2021年7月20日(火)

毎朝、起きたら一番にベランダの鉢植えをウォッチングするのが日課ですが、最近は早朝からムッとするような暑さの東京です。

これから約1ヶ月半もこの暑さが続くのかと思うと、けっこう辛いものがあります。

ウォーキングも早朝は家事があるので出られません。夕方、陽が落ちてからとも思いますが、夜は外出したくありません。
この暑さを考えると、フットステッパーでも買って、家で運動した方がいいかしら?などと考え始めています。

もう、外には出たくありません。。。

新型コロナ感染者数も増加の一途、加えて東京オリンピックがありますから、街には人がさらに増えるでしょう。

暑い上にコロナの感染リスクもあるとなれば、家にこもっているのが一番快適で安全です。

今日も終日おこもりでした。
身体が暑さに慣れていないせいか、先週のハードスケジュールの疲れか、「夏休み」をとったというのに、余計に気持ちも身体もダランとしてしまったようです(笑)

こんな時、無理をしてでも動くべきか、無理をせずにゆっくりとするか、いつも迷います。





昭和生まれのせいか、とにかく限界まで頑張り通してこそ!という気持ちが根本にあります。
それは積極的な頑張りというよりは、忍耐といった方がいいものかもしれません。

そのせいでボロボロに疲れ切ってしまうこともあり、いつも夫に「昭和の根性なんてナンセンスだ」と叱られます。
外国人である夫には、苦しいのに我慢して頑張り続けるなど理解できないことなのです。

とにかく自分が一番!と、己を甘やかすことがとても上手な夫と何十年も共に過ごしていると、少しずつ影響は受けるもので、そこが困ったことに、私の中に生まれる葛藤の一因になっているのです。

頑張ってこそ!という気持ちと、頑張ることは大切だけれど、そのせいで心身が疲れ切ってしまっては意味がないという、2つの気持ちの間を行ったり来たり。。。

最近はそんな夫に加え、成長した子供達までもが、「マミーって頑張るのが好きだよね」と笑います。
今の子供達にとっては、それこそナンセンスに見えるようです(笑)

時に頑張ることが愚かなことだと感じることがあります。それは多分、「忍耐」と頑張ることの違いがわかったせいかもしれません。

特に歳を重ねてからは、辛いことに耐える必要もないし、あくせくせずにゆったりと生きる方が幸せじゃないかと思うようになりました。

それなのに、そんな気持ちをすべて肯定できないのは、きっと私が欲張りなせいなのかもしれません。





頑張れば頑張るほど、苦しい時を耐えれば耐えただけ、その先になにか自分の知らない世界があるかもしれない。現実的に目に見える成果はないとしても、自分の中の気持ちに変化があるかもしれない。。。
そんな期待があるのでしょう。

溜め息から生まれるものよりも、涙から得るものを選ぶという、まさに昭和歌謡の世界です(笑)

古い人間の中には、どこかに「頑張ってきたからこそ、なにがあっても心強く生きていられる」そんな漠然とした気持ちが根付いているものです。

ただ、近くで見ている家族からしたら、きっとあまりいいものではないのかもしれません。

先週末、私が「夏休みをとるので、なんにもできません」と言って、終日のんびりと好きなことだけをして過ごしていたとき、家族がとても喜びました。

特に夫は「普段からそんな風にのんびりすればいいんだよ」と、自分も一緒にのんびり(笑)

のんびり、ゆるゆるっと過ごすのは快適です。もう毎日が夏休みでいいかも!と思うくらいでした。 
もう私も50代です。それでちょうどいいのかもしれません。

無駄な我慢や自己満足な頑張りに気づき、それを捨てることが、もっと楽に生きていくために必要なことなのかもしれません。

今日はベランダの日差しが強すぎるので、遮光ネットを取り付けてみました。
強すぎる光は植物を傷つけてしまいます。ほんのりと光が射すくらいが一番快適なようです。
人間も同じなのかもしれません、頑張る!と熱すぎたり、シラッと冷たすぎるのではなく、ほどよい塩梅で生きるのが一番だわ!

そんなことを思った一日でした。





ちなみに今日は、ミュージシャン、俳優である石橋凌さんの生まれた日です。

我々昭和世代にとっては、俳優さんというよりは、『ARB』のヴォーカルという姿が一番印象的です。
しかし、現在は俳優さんとしての顔の方が強いのかもしれません。

プライベートでは女優の原田美枝子さんとご結婚されました。その時もビックリしたものです。まさに美男次女の結婚でした。
最近ではお子様達も成長し、歌手や女優として活躍されています。

今年で65歳。歳を重ねるごとに、ますます素敵になる石橋凌さん。。。結構、好きです(笑)