365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

頑張ることと忍耐は別のこと。無駄な我慢を捨てて生きる「楽」

2021年7月20日(火)

毎朝、起きたら一番にベランダの鉢植えをウォッチングするのが日課ですが、最近は早朝からムッとするような暑さの東京です。

これから約1ヶ月半もこの暑さが続くのかと思うと、けっこう辛いものがあります。

ウォーキングも早朝は家事があるので出られません。夕方、陽が落ちてからとも思いますが、夜は外出したくありません。
この暑さを考えると、フットステッパーでも買って、家で運動した方がいいかしら?などと考え始めています。

もう、外には出たくありません。。。

新型コロナ感染者数も増加の一途、加えて東京オリンピックがありますから、街には人がさらに増えるでしょう。

暑い上にコロナの感染リスクもあるとなれば、家にこもっているのが一番快適で安全です。

今日も終日おこもりでした。
身体が暑さに慣れていないせいか、先週のハードスケジュールの疲れか、「夏休み」をとったというのに、余計に気持ちも身体もダランとしてしまったようです(笑)

こんな時、無理をしてでも動くべきか、無理をせずにゆっくりとするか、いつも迷います。





昭和生まれのせいか、とにかく限界まで頑張り通してこそ!という気持ちが根本にあります。
それは積極的な頑張りというよりは、忍耐といった方がいいものかもしれません。

そのせいでボロボロに疲れ切ってしまうこともあり、いつも夫に「昭和の根性なんてナンセンスだ」と叱られます。
外国人である夫には、苦しいのに我慢して頑張り続けるなど理解できないことなのです。

とにかく自分が一番!と、己を甘やかすことがとても上手な夫と何十年も共に過ごしていると、少しずつ影響は受けるもので、そこが困ったことに、私の中に生まれる葛藤の一因になっているのです。

頑張ってこそ!という気持ちと、頑張ることは大切だけれど、そのせいで心身が疲れ切ってしまっては意味がないという、2つの気持ちの間を行ったり来たり。。。

最近はそんな夫に加え、成長した子供達までもが、「マミーって頑張るのが好きだよね」と笑います。
今の子供達にとっては、それこそナンセンスに見えるようです(笑)

時に頑張ることが愚かなことだと感じることがあります。それは多分、「忍耐」と頑張ることの違いがわかったせいかもしれません。

特に歳を重ねてからは、辛いことに耐える必要もないし、あくせくせずにゆったりと生きる方が幸せじゃないかと思うようになりました。

それなのに、そんな気持ちをすべて肯定できないのは、きっと私が欲張りなせいなのかもしれません。





頑張れば頑張るほど、苦しい時を耐えれば耐えただけ、その先になにか自分の知らない世界があるかもしれない。現実的に目に見える成果はないとしても、自分の中の気持ちに変化があるかもしれない。。。
そんな期待があるのでしょう。

溜め息から生まれるものよりも、涙から得るものを選ぶという、まさに昭和歌謡の世界です(笑)

古い人間の中には、どこかに「頑張ってきたからこそ、なにがあっても心強く生きていられる」そんな漠然とした気持ちが根付いているものです。

ただ、近くで見ている家族からしたら、きっとあまりいいものではないのかもしれません。

先週末、私が「夏休みをとるので、なんにもできません」と言って、終日のんびりと好きなことだけをして過ごしていたとき、家族がとても喜びました。

特に夫は「普段からそんな風にのんびりすればいいんだよ」と、自分も一緒にのんびり(笑)

のんびり、ゆるゆるっと過ごすのは快適です。もう毎日が夏休みでいいかも!と思うくらいでした。 
もう私も50代です。それでちょうどいいのかもしれません。

無駄な我慢や自己満足な頑張りに気づき、それを捨てることが、もっと楽に生きていくために必要なことなのかもしれません。

今日はベランダの日差しが強すぎるので、遮光ネットを取り付けてみました。
強すぎる光は植物を傷つけてしまいます。ほんのりと光が射すくらいが一番快適なようです。
人間も同じなのかもしれません、頑張る!と熱すぎたり、シラッと冷たすぎるのではなく、ほどよい塩梅で生きるのが一番だわ!

そんなことを思った一日でした。





ちなみに今日は、ミュージシャン、俳優である石橋凌さんの生まれた日です。

我々昭和世代にとっては、俳優さんというよりは、『ARB』のヴォーカルという姿が一番印象的です。
しかし、現在は俳優さんとしての顔の方が強いのかもしれません。

プライベートでは女優の原田美枝子さんとご結婚されました。その時もビックリしたものです。まさに美男次女の結婚でした。
最近ではお子様達も成長し、歌手や女優として活躍されています。

今年で65歳。歳を重ねるごとに、ますます素敵になる石橋凌さん。。。結構、好きです(笑)