365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

ヤマカンとタイミングで勝利した「喜」

2020年10月1日(木)

今日からいよいよ10月に突入しました。今年も残すところ3ヶ月と思うと、新しい手帳のことに始まり、クリスマスディナーの丸鶏の大きさ、大晦日の蕎麦は何割蕎麦か、さらには正月のお節はいくらのものにするかなど、数々の重要事項が頭に浮び、妙な焦りを覚えます。

どれだけ気が早いのか?と思われるでしょうが、アラフィフにとって、月日は光の速さに匹敵するスピードで過ぎていくのです。

ボヤボヤしてはいられません。。、


そんな10月の始まりですが、東京では「都民の日」ということで、学生などは祭日モードです。

あいにく朝から雨模様。低気圧の影響か若干の寝不足か、子供のお弁当を作らずに済む気楽さからか、爽やかとはほど遠い、とても気怠い目覚めでした。しかし、主婦にお休みはありません。

嘘です。休もうと思えば休めますが、今日は朝から娘を病院へ連れて行く予定があったので、のんびりしていられないだけでした。

もう一つ、心に引っかかっていた案件がありました。
それはお菓子です。





このブログを始める3年以上前から書き続けている『お菓子を巡る暮らしの雑記帖』というメインブログがあるのですが、そちらを見ていただければわかるように、私の生活は日々お菓子を食べることで成り立っていると言っても過言ではないほど、お菓子を食べまくっています。

当然、そんなお菓子は自分で調達するのですが、これが時に憂鬱なほどに困難を伴う事態となることがあるのです。

人気のお菓子、生産量の少ないお菓子などは、激しい争奪戦が繰り広げられることがよくあります。
お店まで足を運ぶのなら問題はありません。どうせ暇なのですから、どんなに早朝であろうが、開店前から並べは済むことです。
問題はネットでのお取り寄せです。


今時の若者は物心ついた時からネットとはお友達。我が家の子供達を見ても、小学生の時にはすでにiPhoneを持ち、パソコンを弄りまわしていました。
そんな若者と比較すると、こちらにはハンデが生じます。

なんと言ってもポケベルエイジ、パソコンではなくワープロ育ちですから。。。

タイピングひとつとっても、そのスピードは雲泥の差であり、ネットでの購買競争となると、かなり不利になることは過去の経験から重々承知しているのです。


今日は中部地方にある某洋菓子店が、月に一度お菓子の注文を受け付ける日でした。

私はその店のクッキーが大好きなので、新作が出ると購入するのですが、先月は外出していたため、争奪戦に敗れました。
新宿三丁目のカフェで参戦した4Gでの戦いでは、最初から勝ち目がないことはわかっていました。。。

次のチャンスを!とかたく心に誓ったのですが、その次のチャンスが今日だったのです。。。


自分の予定なら当然変更できますが、娘を病院へ連れて行くという突発的なものでは避けようがありません。

なぜ、それが今日なのか⁉︎
なぜ、お菓子の販売日と重なるのか⁉︎
恨めしい気持ちでした。

しかし、受験生である娘はいつも忙しく、都民の日である今日は、彼女にとっても病院へ行く唯一のチャンス日です。

高校3年生にもなれば、一人で病院くらい行けるだろう。当然そう考えるところですが、我が家行きつけのクリニックでは、18歳未満の学生は親同伴でないと診察はしてもらえないというルールがあるのです。

想像するに、外国人が多いエリアのせいでしょうか、責任問題が生じる可能性のある事案については、非常に神経質なのかもしれません。

そんなわけで、私とって月に一度、しかも今回は限定のハロウィン物が出るという唯一のチャンスである日に、娘の病院がかち合ってしまったのです。





お菓子VS子供

どんなに子供じみた母親でも、当然子供の用事を優先しないわけにはいきません。。。

そこでさらに作戦を練りました。

販売時間はサーバーの負荷を避けるため、特定されておらず、◯時から◯時までと決められた4時間内でゲリラ的に発売されるという、出し抜け戦法が適用されています。

つまり、その4時間の間、サイトにかじりついていない限りは、いつ販売が開始されるかわからないということです。

よし、運次第では誰にでもチャンスはありそうだわ。これはトライする価値あり。

私は運だけはいい人間です(前回はしくじりましたが)。

病院内でスマホをいじるのは、ご法度なケースが多いですが、幸いなことにこのクリニックでは、誰もがスマホを手にしています。スマホどころかマッカー(カフェなどでアップルPCを使用している人)までいるので問題はなさそうです。

こうして私は娘を連れ病院へ行きました。
待合室で待っている時もそのサイトを監視です。
ここからは、もはや「運」。

カートが開かぬまま、時間は過ぎていきます。

診察中にオープンしたら、完敗だ。。。
同じ画面をリロードしていると、ようやく娘の名が呼ばれました。

ここでスマホをバッグの中に収め、医師の話にもっともらしい顔で頷いているとき、ある閃きがありました。

10月といえばハロウィン!

10月31日。。。

これを時間にすると10時30分です。

わかったわ!今日の販売時間はその時間に違いない!

なんの根拠もないただの閃きでしたが、私は自分のヤマカンに従うことにしたのです。

その後、ちょうど診察が終わり、お会計の待ち合い室に腰を下ろしたのがちょうど10時30分少し前でした。

すかさずサイトを開いてみると!!!

販売が開始されていました。

脱兎の如くお目当てのお菓子をカートに入れ、購入決定へ向かいます。

購入手続き途中で、名前を呼ばれでもしたら、これまでの策も水の泡です。
いつもは、早くー!などと思うのですが、今日ばかりはゆっくり会計しておくれ!です。

サーバーはそれほど重くなく、4Gでも問題ないスピードです。

そして、とうとう「ありがとうございました」の文字と共に、確認の自動メールが届いたのでした。

次の瞬間、お会計のカウンターから名前が呼ばれました。

おお!なんというグッドタイミング!

ヤマカンが当たったわ。。。

ぴったりではなかったけど、ほぼ当たったと言ってもいいでしょう。

そして、何よりも診察中やお会計時などを避けることができたというタイミングのよさ!

運もいいけれど、感もいいと信じて疑わず生きてきましたが、そのエビデンスをまた一つ、クッキーと共にゲットしたのでした。

子供と天秤にかけては当然勝ち目はなしと、半分ダメ元のトライでしたが、


過剰な期待はしない。

できることはやる。

そして、運を天に任せる。


そんな、思えば我が人生そのものといったやり方で、欲しいものを手にしたのでした。

物事を深く考え過ぎず、できることは全力でやり、あとはどうとでもなれ。

そんな大雑把な生き方でも、50を過ぎたいま、これと言った不満もなく、なかなか幸せに暮らせている。

これからもそれは変わらないでしょう。

とりあえずは、また新しいお菓子が届く喜びをかみしめた一日でした。





ちなみに、今日はフリーアナウンサーであり、現在は衆議院議員小泉進次郎さんと結婚し一児の母となった、滝川クリステルさんの生まれた日です。

滝川さんはフランスと日本のミックスということから、同じミックスの子を持つ母として、「斜め45度」の頃から注目していました。

あの美貌で三カ国語を操り、「お・も・て・な・し」で、和の心とインターナショナルの融合を体現させて見せたクリステル。。。

挙げ句の果てに、元内閣総理大臣である小泉純一郎氏の次男で、これまた「セクシィー」な言動で注目の進次郎氏を射止めたという、大金星を上げたのです。
まさに天晴れといってもいいでしょう。

個人的には次男よりも、俳優である長男の孝太郎氏の方が好感が持てるので、こちらと一緒になってくれていたなら、さらに株が上がっただろうと思うのですが。。。
そう思うのはおそらく私だけか⁉︎

それはさておき、お子さんも生まれて幸せなのと同時に、今後も様々なことがあるでしょうが、違う国の血と文化を持って生まれた者の代表の一人として、輝いた姿を見せ続けて欲しいと思うのでした。