365の喜怒哀楽

1日2トピック型日記

Sponsored Link

50代のダイエット。更年期の仕業か⁉︎ 脂肪の暴走が止まらない「哀」

2020年11月29日(日)

今日は昨日の日記に書いた通り、銀座の美容院へ髪を切りに行きました。
スッキリと短くなって、我ながら若返ったか?と、いい気分で銀座三越に寄ってみましたが、日曜日のせいかとっても混んでいました。

新型コロナ感染者数も増えているので、日曜日なら逆に空いているかもしれないと思ったりもしましたが、甘かった。。。

Go to キャンペーンで東京へ旅行に来ている人が沢山いるのですね。
いつもとはちょっと客層が違った感じで、家族連れを多く見かけました。

東京に蔓延するコロナウィルスを持ち帰らないだろうか。。。と、不安になるほどの混雑ぶりで、デパ地下でのお買い物も一苦労でした。

浅草の有名な和菓子屋さんが催事出店していたので、そこのお赤飯が欲しかったのですが、行列ができていたのでやめました。

結局はいつものように、好きなお店のフィナンシェやクッキー、そして和菓子屋さんではおはぎや栗蒸し、お饅頭などを仕入れ、ついでに帰宅してから晩御飯の支度をしなくて済むように、お惣菜を買ったりしていたら、持ちきれなくなり、急遽暇な夫を呼び出したのでした。





私も夫も食べ物には目がなく、とにかく目についた美味しそうなものは、のべつまくなしに買いたがる癖があります。
一人であれば荷物が重くなったところでゲームオーバーですが、荷物持ちがいればまさにエンドレス。

私と夫は好みも違うので、各々が好きなものに手を出すと、いつもの2倍の量になるわけです。

こんなことばかりしていると、当然のことながら太ります。
食べることが好きな人間は、常に脂肪との闘いです。
痩せている人はどんなに食べても太らない奇跡の体質を持っているか、食べないか、摂取カロリー以上の運動をしているかでしょう。
普通に生活していたら、食べたら食べただけ太ります。

私も残念なことに、中年になって以降は、食べたら食べた以上に太るようになりました。
しかし、これまでならそんな日があったとしても、あとで少しばかり節制すれば、なんとか元の体重に戻すことができていました。

つい数ヶ月前も、コロナ太りを元に戻したばかりですが、最近また一度は去ったと思われた脂肪が復活したのです。

いつものように食べてはいますが、いつも以上というわけではなく、現状維持できるだろうと思っていたところ、いきなり3キロほど増量していたのです。

沢山食べて太ったのなら、自業自得だと本気でダイエットしようと思いますが、普通にしているのになぜ太る?

わけがわからない!

そう思いながらも、理由よりもまずは脂肪を闇に葬り去ってやらねば!と、減量を試みるも。。。

まったく痩せない⁉︎

なぜでしょうか。いつもより少なめの食事、それも和食中心にするといういつもの手がまったく通用しないではありませんか⁉︎





これはもう「食べるな!」ということ?
これだけの贅肉を蓄えていれば、少しくらい食べなくても元気でいられる。
そう言われているようです。

しかし、小鳥さんの餌程度しか食べていないにも関わらず、それ以上太りはしないものの、一向に脂肪は減りません。

これには気持ちが折れました。
少しくらいの困難にはめげない私ですが、食べたいものがお腹いっぱい食べられないツラさには打ち勝てる気がしないのです。

これは、私史上一番過酷な脂肪との闘いといえます。

原因がわからない上、何をしてもダメ。食べなくても痩せないとなれば、もはや打つ手はないも同然。。。

どうすればいいのよと、そんな愚痴をお友達にこぼしたところ、お友達もそんな経験があると言うではありませんか!

そして、その原因とは、「更年期によるホルモンバランスの乱れ」だと言います。

ホルモンが誤作動を起こしている状態なので、何をしても正常には機能しない時期という説を得々と説いて頂きました。





ここから私が導き出した結論。

好きに食べる!です。

どうせ誤作動を起こしているのなら、食べても食べなくても同じでしょ!

そう、自分の欲望に果てしなく都合よく解釈することにしました。

とにかく、これ以上脂肪を増やさないことだけに留意し、後は好きに食べることにしたのです。

先日、酔っ払った夫が蹴飛ばした挙げ句、水浸しにして壊した体重計をゴミに出し、新たにスマホにデータを送信できるという機能付きの体重計をamazonからお届けしてもらいました。

この最新式の体重計でほんのわずかな脂肪の増加も見逃さず、現状維持を目標に日々好きなものを食べる!

そうこうするうちに私は歳を取ります。そして無事に更年期を脱し、ホルモンは正常に機能するようになれば、自然と脂肪も去っていくだろう。。。

そんな筋書きです。

体脂肪が高い割には、コレステロール値や内臓脂肪も低く、これほど長年食べまくっている割には成人病とは無縁な身体。
もっと重篤や病気は経験していますが、それは食生活とはそれほど関係がないとドクターも言っているので、心配はなさそうです。

そんなわけで、今日はお菓子を沢山買いました。
お惣菜を適度に食べ、あとはスイーツ祭です!なんという幸せでしょうか。

暴走する脂肪の増加に恐れを抱きながらも、それでも充実した食を求める哀しい食いしん坊。

できることなら、脂肪と一緒にこの食欲も去って欲しいものです。





ちなみに今日は、かつて「若者の教祖」と呼ばれたシンガーソングライター、尾崎豊さんの生まれた日です。

私と同年代ですが、1992年に26歳の若さでお亡くなりになっています。

孤独で繊細、人一倍強い感受性をもった天才で、彼の作る世界に多くの若者が強く共感し、熱狂したものでした。

今でも彼の歌を聞くと、これが若干18歳の少年が作ったものなのかと、その感受性の豊かさと表現力に脱帽してしまいます。

一人息子の尾崎裕哉さんもミュージシャンという道を選び、時折メディアにも登場しているようですが、初めてその歌声を聴いたときには驚きました。

仕草などは尾崎豊さんを彷彿とさせるところもありますが、それほど似ているとは思わなかったのですが、その遺伝子は声帯にしっかりと残されていました。

声がとてもよく似ていて、それゆえにかつての尾崎豊ファンを喜ばせました。

お父様がビッグネームなだけに苦労もおありかと思いますが、早くにその生涯を閉じたお父さま以上に活躍して欲しいと思います。

ドーナツショップ』という歌、好きでした。。。